MENU

セロトニンとストレスの関係

あなたは「セロトニン」という脳内物質をご存知でしょうか。
セロトニンというのは、ストレスによる不眠の改善・解消には特に欠かせない脳内物質です。

 

セロトニンとストレスにどんな関係があるのか、その基本的な部分についてご紹介しましょう。

 

セロトニン不足では心が落ち着かない!

脳内物質セロトニンは、
「心を安定させて、すこやかな元気を出させる」という働きを持っています

 

脳内物質と言えば、興奮系の脳内物質「アドレナリン」が有名ですが、アドレナリンというのは、元気を出すために一定の量は必要なのですが、分泌が多すぎると心が興奮しすぎてしまう、というデメリットを持っています。

 

これに対してセロトニンは「落ち着くべき時は、興奮系脳内物質の働きを適量に抑える」という作用を持っているんですよ。つまり「心のバランスを適度に保つ」というのに役立っているわけです。

 

ですからもしセロトニンが不足してしまうと、アドレナリンなどの暴走を止められなくなってしまい、イライラ・興奮状態になりやすくなって、不眠を招いてしまいます。

 

また、セロトニン不足は、うつ病などの引き金にもなる、ということで知られています。セロトニン不足によって、心の安定や、すこやかな元気づけができなくなってしまうと、最初は単に「不安感がある」というぐらいの症状なのですが、それが積み重なってひどくなると、やがてうつ病の発生につながってしまうのです。

 

そしてさらに、分泌されたセロトニンは、睡眠時には、睡眠ホルモン「メラトニン」を生み出すために大いに役立つ存在となります。セロトニンがメラトニンの生成を促進してくれなければ、メラトニン不足になってしまうんですよ。
ですからストレスによる不眠解消のためには、「日中にセロトニンの分泌がしっかりできる状態にする」ということが大切なわけですね。

 

セロトニンの分泌量を増やすには?

セロトニンというのは、私たちが「セロトニン、脳からいっぱい出ろー!」
と念じたらたくさん出てくれるような、そんな単純な脳内物質ではありません。

 

セロトニンの分泌というのは実は、おもに日中におこなわれるもので、その分泌量は「日中、どんな過ごし方をしたか」によって大きき左右されるのです。まず、「ダラダラと日中を過ごす」というような状態では、セロトニンの分泌増加は期待できません。なぜなら、ダラダラと過ごすことによって、日中と夜のメリハリがまったくついていないため、脳が「今はまだ活動時間じゃないし、セロトニンを出させなくてもいいや」というのをつかめなくなってしまうのです。

 

つまり、セロトニンの分泌量を増やすには、日中と夜のメリハリをハッキリとつける、ということが大切なんですよ。「今は日中で、ちゃんと活動しているよ」という意識を脳に持たせてこそ、脳も「じゃあセロトニンをたくさん出して、健康的な元気を出させよう」という状態になるわけです。

 

そのためにまず最初にやりたいのが「起きた時に寝室の窓を開け、朝日の光を全身で感じる」ということ。これだけで、「ここからが活動時間」ということを脳に知らせ、さっそくセロトニンをせっせと分泌させるのに役立ちます。

 

また、日中は少しでも運動を取り入れることが大切です。たとえデスクワークの人でも、ちょっとした移動時はキビキビと行動するようにしましょう。お昼休みは外にランチを食べに行くだけでも、いいメリハリづけができます。もちろん、自宅での自由時間でエクササイズやストレッチをしたり、ウォーキングに出かけたりすることができればなおベターです。

 

あと、食事の際には、セロトニンを作る原材料となるトリプトファンが豊富な乳製品や大豆製品を摂るようにした上で、「よく噛んで食べる」というのを実践したいですね。よく噛む、という動きがまた、いいメリハリを与えてくれるのです。