MENU

セロトニンとメラトニンってどう違うの?

睡眠に関わる物質として、よく名前を聞くのが
「セロトニン」と「メラトニン」です。

 

似たような名前なのでややこしいのですが、
あなたはこの2つの物質の違いが何か、ということをご存知でしょうか?

 

セロトニンとメラトニンとは

ではまず、セロトニンとメラトニンが
それぞれどういうものか、という点からご説明しましょう。

 

まず、セロトニンとは、脳内物質のひとつで、
おもに朝から夕方近くの時間にかけて、体内で作り出されます。

 

セロトニンの役割は、アドレナリンなどをはじめとする、
精神を興奮させる作用のある脳内物質の暴走を抑え、
過剰なストレスを生み出さず、
健康的な精神状態で居られるためのサポートをすることです。

 

さらにセロトニンは、「適度な元気出し」にも欠かせない存在。
セロトニンが不足してしまうと、うつ病などになってしまうこともあるのです。
また、睡眠不足は薄毛発症の大きなリスクにもなってしまいます。

 

つまり、ストレスは感じすぎないように抑えつつ、
ただ抑えるだけでなく元気もサポートしてくれる、
「日中の精神安定に欠かせない存在」と考えればいいでしょう。

 

次にメラトニンについてですが、
これは脳内物質であるセロトニンとは違い、ホルモンの一種です。
自然な眠りに誘う、という誘眠作用に非常にすぐれていることから、
「睡眠ホルモン」と呼ばれています。

 

セロトニンとメラトニンの関係

脳内物質であるセロトニンと、
睡眠ホルモンであるメラトニンにどんな関係があるのかというと、
「メラトニンの量はセロトニンの量に比例しやすい」という関係を持っているんですよ。

 

セロトニンが日中にたくさん分泌されると、夜になったらそのセロトニンが、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌促進のために大いに働いてくれるようになるため、眠りにつきやすくなるのですが、逆にセロトニンが足りないと、メラトニンの分泌をうながすパワーが足りず、結果的にメラトニン不足となり、眠りにつきにくくなる、ということなんです。

 

トリプトファンについても知っておこう!

さて、セロトニンとメラトニンのことを知るなら、
さらにその「もう一段階前」である、
トリプトファンのことも知っておいたほうがいいでしょう。

 

トリプトファンとはアミノ酸の一種で、
牛乳やバナナ・大豆製品などに豊富に含まれています。
で、このトリプトファンの役割は何かというと、ズバリ「セロトニンを作るための原材料」です。

 

つまり、睡眠ホルモンメラトニンを豊富に分泌させるためには、
「メラトニンの分泌を促進するためのセロトニンをたくさん作り出すために、
しっかりトリプトファンを摂取する」ということが必要になってくるわけですね。