MENU

ストレスによる不眠を改善するための休日の過ごし方のコツ

ストレスによる不眠を改善するためには「休日をどう過ごすか」というのも重要なポイントになってきます。

 

どのように休日を過ごせば、ストレスによる不眠の改善につなげられるのでしょうか?

 

休日の過ごし方によくある勘違い

「正しい休日の過ごし方」として、多くの人が勘違いしてしまいやすいのが
「休日は平日の疲れをとるために、ゆっくり寝てゆっくり過ごすのが一番いい」ということ。

 

仕事がないからダラダラと朝寝坊、そのまま用事もなければパジャマのままでボーッと過ごすだけ・・・
このように休めば、休息の時間はしっかりと取れるので、普段寝不足な分の疲れも取れるのではないか、と思いますよね。ですが実際のところ、こうした休日の過ごし方をして「すっきり疲れが取れて、不眠も改善される」ということは、まずあり得ません。

 

なぜ、こうした休日の過ごし方がダメなのかというと、一言でいえば「ダラダラしすぎて、かえって生活リズムを狂わせるだけだから」なんですよ。休日にこのような過ごし方をしている人の多くは、日曜の夕方になると「ああ、もう休日が終わる、明日からはまた仕事だ」と憂うつな気分が襲ってくる、いわゆる「サザエさん症候群」になりやすいのです。

 

さらに、土日の休日をダラダラ過ごしていると、日曜の夜は、いつもにも増して寝つきが悪くなり、月曜日の目覚めは「寝つきが悪くて眠りも浅かった」という影響で、最悪の状態になっているはずです。

 

ですから休日だから、疲れているからと言って、ダラダラ過ごすだけで終えてしまうのは、何の解決にもならないどころかむしろ逆効果なのです。

 

休日の過ごし方のコツ

では、ストレスによる不眠を改善するために、土日の休日をどう過ごせばいいかというと・・・

 

まず、土曜日は、平日と比べて2時間までの朝寝坊はOKです。ただし、起きたらすぐに、軽いストレッチをする、朝の光を浴びる、口をゆすいで水を飲む、などの「スッキリした目覚めのための儀式」をおこなってしっかり活動スイッチを入れ、さらに、「パジャマのままで過ごさず、すぐに着替える」ということを実践しましょう。

 

平日であれば通勤や買い物などの用事があるので、必ず着替えが必要になりますが、休日となると「今日は外に出ない」という状態であればパジャマのままでずっと過ごそうとする人もいるのですが、これをやってしまうと、それだけで生活リズムのメリハリがつきにくくなってしまうのです。

 

服を着替えることによって、「もう、寝ている時間ではないよ」と、あらためて脳に認識させる必要があるわけですね。

 

ここまでやったら、土曜日はゆっくり体を休めて、本当の意味での「休息日」にしてもかまいません。
もちろん、やりたいことがあればやってもOKですよ。ただし、平日の疲れはできるだけ土曜のうちにとっておきたいので、やりたいことをやるにしても、「あまり疲れない、無理のない範囲」でやるように心がけて下さい。

 

土曜日の夜更かしは「平日夜より1時間遅い時間まで」くらいにとどめておいて、眠りにつきましょう。

 

次に日曜日の過ごし方ですが、日曜日の朝寝坊リミットは「平日よりも1時間遅い時間まで」です。これ以上遅くまで寝ていると、日曜夜の就寝時に寝つきが悪くなる可能性が非常に高くなります。

 

そして、朝の目覚めのための儀式や着替えを済ませて、日曜日については「外出や外食など、外に出る機会を必ず作る」というのが重要です。軽いスポーツなどをやるのももちろんおすすめです。

 

なぜ、日曜日にこうした行動が必要なのかというと、「平日とは違う、休日ならではの過ごし方」をすることによって、メリハリをつけることができるからです。また、日中にしっかり活動しておけば、脳内物質セロトニンの分泌も盛んになり、これがまた、睡眠ホルモンメラトニンの原材料となって、不眠改善に大きく役立ってくれるのです。