MENU

ストレスにと不眠症の関係と基礎知識記事一覧

人は強いストレスを受けると、神経を興奮させるための交感神経が優位になってしまいます。そしてこの交感神経は、単に神経を興奮させてしまうだけでなく、血圧上昇も招いてしまう存在なんですよ。ストレスによる不眠は、「交感神経優位による興奮感」だけが原因ではありません。実は「ストレスによって高血圧になってしまうこと」そのものも、不眠の一因となってしまうのです。高血圧が不眠を招くのはなぜ?ではなぜ、高血圧になる...

あなたは「セロトニン」という脳内物質をご存知でしょうか。セロトニンというのは、ストレスによる不眠の改善・解消には特に欠かせない脳内物質です。セロトニンとストレスにどんな関係があるのか、その基本的な部分についてご紹介しましょう。セロトニン不足では心が落ち着かない!脳内物質セロトニンは、「心を安定させて、すこやかな元気を出させる」という働きを持っています。脳内物質と言えば、興奮系の脳内物質「アドレナリ...

不眠の大きな原因として「ストレス」が挙げられますが、もし、このストレスに対して何の対処もせず放置しておくと、一体どんなことになると思いますか?実は・・・ストレスを長期間放置しておくと、不眠とストレスの間で怖い悪循環が発生してしまう可能性が、非常に高いのです。不眠とストレスの悪循環はこうして発生する!不眠とストレスの悪循環が、どんな感じで発生するのかというと・・・まず、ストレスを強く感じてしまうと、...

睡眠に関わる物質として、よく名前を聞くのが「セロトニン」と「メラトニン」です。似たような名前なのでややこしいのですが、あなたはこの2つの物質の違いが何か、ということをご存知でしょうか?セロトニンとメラトニンとはではまず、セロトニンとメラトニンがそれぞれどういうものか、という点からご説明しましょう。まず、セロトニンとは、脳内物質のひとつで、おもに朝から夕方近くの時間にかけて、体内で作り出されます。セ...

ストレスによる不眠を抱えている人の多くが抱えている悩みと言えば「早く寝ようと思うのに、上手く寝つけない」というものです。特に、不眠の状態が深刻になればなるほど、寝床に早く入って、不眠の分を取り返さなければ、と思うのですが、そうしても結局は、「寝つける時間が早くならないどころか、むしろいつもより遅くなってしまった」という結果になることも少なくありません。なぜ、そんなことになってしまうのでしょう?「早...

ストレスによる不眠を改善するためには「休日をどう過ごすか」というのも重要なポイントになってきます。どのように休日を過ごせば、ストレスによる不眠の改善につなげられるのでしょうか?休日の過ごし方によくある勘違い「正しい休日の過ごし方」として、多くの人が勘違いしてしまいやすいのが「休日は平日の疲れをとるために、ゆっくり寝てゆっくり過ごすのが一番いい」ということ。仕事がないからダラダラと朝寝坊、そのまま用...