MENU

「ストレス発散・寝つきを良くするため」のお酒はOK!?

昔から「寝酒」という言葉があるように、お酒というのは眠気を誘う飲み物として知られてきました。実際「飲み会のあと、着替えもせずに数時間寝てしまった」という経験をしたことがある人も多いですよね。

 

また、お酒はストレス発散の手段としても知られています。「憂さ晴らしに酒でも飲もう」なんていうことも、社会人ならよくある話ですからね。

 

そうした点を考えると、「寝る前に飲むお酒」というのはストレス発散と寝つきを良くできる、ダブル効果が期待できる有効なものだと思えてしまうのですが・・・

 

果たしてそれは、本当に正しいのでしょうか?

 

アルコールの作用と害

お酒に含まれているアルコールの作用には、以下のようなものがあります。

 

楽しい気分にさせる
心身の緊張をやわらげる
血行を促進する

 

これだけを見ると、まさに「寝る前のお酒は、ストレス発散と寝つき改善にうってつけ」
と思えてしまいますよね。

 

ですが、実はアルコールには、大きな害もあります。アルコールの分解が始まると、アセトアルデヒドという、強い毒性を持った物質が生まれるんですよ。

 

アセトアルデヒドは体温や脈拍の上昇、寝苦しさ、発汗などをさせてしまう作用があり、「体温が下がらず脈が多く、暑苦しくて寝苦しい」という、最悪の睡眠状態を作ってしまいます。
ちなみに、体内でアセトアルデヒドが増加してくるのは、飲酒後約2時間ほどたってからです。

 

これに対して、血行促進などのアルコール作用はもっと早い時間から出てくるので、このタイムラグの影響で「一見、ストレスも発散できて寝つきが良くなったような気がするけど、寝ついたあとからアセトアルデヒドの増加が始まり、一気に睡眠の質を落としてしまう」ということになるのです。

 

お酒は早めの時間に飲もう!

というわけで、いわゆる「寝酒」は、一見寝つきを良くしてストレス解消にも役立つように思えますが、アルコール分解の際の害を考えると、決して「ストレスによる不眠に対して、有効な手段」とは言えないわけですね。

 

「それでもお酒を飲みたい」という時は、
「できる限り、就寝4時間前までに飲み終わる」ということを前提にして飲みましょう
このくらいの時間がたてば、適量のお酒ならおおむねアルコール分解が終わっています

 

飲み会などでアルコール摂取量が多くなってしまった場合は、帰宅後すぐ、たっぷりの水とともに、ビタミンB群のサプリメントを飲みましょう。ビタミンB群はアルコール分解の際に特によく使われるビタミンなので、これを補給してやることで分解効率を上げるのです。

 

また、水分補給は「体内の水分量を増やして、アルコールを薄める」という意味で効果的ですよ。