MENU

ストレスによる不眠改善のために、夜に食べたい食材

夜に加工食品や、
スナック菓子・スイーツなどのおやつを食べてしまうと、

 

保存料・塩分・油分などが原因となってストレス源となってしまい、
ストレスによる不眠を悪化させてしまう可能性があります。

 

では逆に、

 

「ストレスによる不眠持ちの人にとって、夜に食べたほうがいい食材」
というものにはどんなものがあるのでしょうか。

 

これが夜に食べたい「ストレス改善・解消食材」だ!

ストレス改善や解消に役立つ食材としては、以下のようなものが挙げられます。

 

神経鎮静作用にすぐれたカルシウムを多く含む、
乳製品大豆製品

 

ストレスによる高血圧リスクを下げ、さらにカルシウムの吸収も助けてくれるビタミンDを多く含む、きくらげ干ししいたけいわしにしんしらす干し

 

精神的な疲労を落ち着かせてくれる硫化アリルを多く含む、
ねぎにら玉ねぎにんにく

 

また、乳製品や大豆製品には、「トリプトファン」という物質も豊富に含まれています。トリプトファンは睡眠ホルモンメラトニンと密接な関わりを持つセロトニンの原材料として大活躍してくれますので、そうした意味でも「乳製品または大豆製品を夜に摂る」というのはかなり重要だと言えますね。

 

「レタスは不眠に効く」は本当なのか?

ところで、もしあなたが日ごろから健康番組をよく見る人であれば、ひょっとしたら「レタスにはラクッコピコリン(正式成分名はラクチュコピクリン)という精神安定作用がある成分が豊富に含まれているので、不眠解消に役立つ」という説を見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

 

こんな説があるにもかかわらず、なぜ先ほど、レタスを「夜に食べたい食材」として挙げなかったのかというと・・・残念ながらこの説は「ガセネタに近いレベル」だからです。

 

なぜかというと、普通のレタスに含まれているラクチュコピクリンの量は微量で、サラダなどで食べた程度では、睡眠に役立つ作用をするまでにはならないのです。一応、「葉の部分より芯の部分のほうがラクチュコピクリンが豊富」と言われていますが、それでも睡眠作用には全く足りないレベルの微量なのです。

 

本当にラクチュコピクリンが豊富で、睡眠にしっかり作用してくれるというレタスは「ワイルドレタス」という、日本ではまったくと言っていいほど見かけない、普通のレタスとは全く違うものなんですよ。