MENU

ストレスフルでも眠れる!?意外な「音」の効果

ストレスによる不眠に効果がある、と言われているもののひとつが、音楽です。
市販されているスリーピングミュージックだけでなく、シューベルトの「子守唄」なども、
実際に安眠をもたらす効果があると評判ですよね。

 

しかし・・・そうした「世間的によく認知されているスリーピングミュージック」以外にも、
非常にすぐれた誘眠効果がある音が存在するのをご存知でしょうか。

 

「スリーピングミュージックは私には合わなかった」という人にも、
効果が出る可能性がある「隠れたスグレモノの不眠解消音」をご紹介しましょう。

 

「お経」の誘眠効果はバツグン!

ストレスフルな状態の人であっても、眠れる可能性があるという、
とてもすぐれた不眠解消音としてご紹介したいのが「お経」です。

 

お経の独特のリズムと抑揚は、人の眠気を誘いやすいんですよね。法事などでお経を聞いている間に、いつの間にかうつらうつら眠ってしまっていた、という経験は、ほとんどの人が持っているのではないでしょうか。

 

そう、お経というのは「座っていても寝てしまう」というほどに、誘眠効果が高いのです。鐘の音などが鳴らされず、お坊さんのお経の声だけが入っている音源があれば、ぜひ一度スリーピングミュージック代わりに試してみましょう。

 

ガタンゴトン・・・電車の走行音もおすすめ!

「座っていても寝てしまう」というのは、お経だけではありません。
電車でも、座席に座ると、ついつい寝てしまうことって、よくありますよね。

 

電車がレールの継ぎ目の上を走ることによって起こる「ガタンゴトン」という音は、電車が一定の速度で走っている限り、等間隔の規則正しいリズムで聞こえます。
この規則正しいリズムが、眠気を誘いやすいと言われているのです

 

走行音の音源があれば、それをスリーピングミュージック代わりに聞いて寝るのもおすすめですよ。

 

スリーピングミュージックを利用する際の注意点

お経や電車の走行音、あるいはその他のスリーピングミュージックを利用する場合でも、
ひとつだけ、絶対に守ってほしい注意点があります。

 

それは・・・60分タイマーまたは90分タイマーで、
必ず「寝付いたころには音楽も切れるようにしておく」ということです

 

どんなに「寝つきにいい音」でも、いったん寝てしまえば、その後は脳にとってただの雑音と成り下がってしまい、睡眠の質を低下させてしまうリスクがあるのです。一晩中かけっぱなしにする、というようなことはやめましょう。